英語に慣れるためによく聴いた洋楽5曲(初級編)

こんにちは〜。


f:id:iam__masa:20170626222338j:plain


仕事柄、よく海外へ出張しているのですが、いつも聞かれるのは「どうやって英語を覚えたんですか?」と。


真面目に答えてしまうと、英語が好きで小学生から習ってた、ってことになるんですが、その後、中学校に上がる直前に、洋楽と出会ってしまい、洋楽を聴きまくって、耳を英語に慣らした、という点も大きかったと思います。


ということで、今日は、英語に慣れるためによく聴いた洋楽5曲をご紹介します。

Corey Hart / Can't Help Falling In Love With You



エルビス・プレスリーの大ヒット曲のカバーですが、ゆーーーーったり歌っているので、とても聴きやすいです。


私はこれで、学校で習う前に、can't help 〜ing という構文を覚えました。学校で習った時には、「もう知ってるよーん」と、小さな優越感(笑)

Billy Joel / Just The Way You Are



ビリージョエルの大ヒット曲「素顔のままで」


この歌も歌詞が聴き取りやすいです。


日本人的には、「オネスティ」のほうが人気ありますよね、なぜか。


同じピアノマンエルトン・ジョンの「Your Song(君の歌は僕の歌)」でもいいですね。

The Police / Every Breath You Take



ポリスの「見つめていたい」


個人的には、究極のストーカーソングだと思ってるんですが、スティングが歌うと、純愛ソングに聞こえるんですねえ。

Every breath you take 
And every move you make 
Every bond you break, 
Every step you take 
I'll be watchin' you 

written by Sting.


こういう歌詞ですよ。ストーカーじゃないですか!?(笑)


実際にWikipediaにも同様のことが書いてあります。


見つめていたい - Wikipedia


この歌も歌詞が聴き取りやすい歌です。

INXS / Need You Tonight



オーストラリアのバンド、INXS(インエクセス)。


オーストラリアはイギリス英語の影響が大きいので、アメリカほどなまってなくて、この歌も歌詞が聴き取りやすいですね。歌詞はエロいですけど(笑)


なんせ、makes me sweat ですからね。


ボーカリストマイケル・ハッチェンスの声も色気がありますねえ。拳銃自殺したのが悔やまれます。

Robert Palmer / Addicted To Love



さて、最後に、ロバート・パーマーの「恋におぼれて」


ミュージックビデオも非常に話題になりました。全く楽器を弾いてないオネーさんたちに囲まれて歌うロバートパーマー。めっちゃクールです。


さて、この歌になると、歌詞を聴き取るのが、少し難しくなってきました。


Addicted to loveのaddictedの部分がなかなか発音できませんでした。


ので、とにかく真似して歌って覚えました。


、、、ということで、どうやって英語に慣れたかというと、洋楽を聴いて、真似して歌って、慣れていった、ということなのです。


真似して歌うと、発音も練習できてオススメです。


今回は、歌詞を聴き取りやすい歌を紹介しましたが、次回は、「とても早口な歌詞」の曲を紹介しましょうかね。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

広告を非表示にする
Copyright © 2017 Go Globe! All rights reserved.