映画レビュー「キングコング〜髑髏島の巨神」(ネタバレあり)

f:id:iam__masa:20170903153359j:plain

2017年3月公開の「キングコング〜髑髏島の巨神」がもうDVDでリリースされてました。

怪獣映画らしい怪獣映画

ストーリーは、ネットで出ていると思うので、書きませんが、映画のキャッチコピー通り「一番弱いのは人間」だなあ、と。

あれだけデカイ怪獣に襲われたら、そりゃあ非力ですよね。

キングコングは髑髏島の守り神として描かれています。

日本の特撮・アニメの影響が随所に

映画のあらゆるところに、日本の特撮やアニメの影響を感じさせるシーンが多い、多い。

夕陽をバックにキングコングが登場する冒頭のシーンは、まるでウルトラマンだし、炎の中から現れるキングコングは、さながらナウシカ巨神兵のよう。もしくは、エヴァンゲリオン

キングコング最大の的のトカゲの怪獣(ゴジラではない)は、造形がまるでエヴァンゲリオンの使徒そのもの!

日本の特撮やアニメも、ハリウッド映画に多大な影響を及ぼしてますねー。

映画のスポンサーに中国資本

映画の冒頭のクレジットをみると、そこには「Tencent Production」との表記が。

Tencentって、中国のWeChatの会社ですよ。

なので、主役陣に必ず中国人俳優が入ってますよね。今回は女優さんでした。

ちなみに、ミッションインポッシブル〜ローグネイションでは、アリババがスポンサーでしたね。

やはりハリウッドも制作資金難なのか、ここ数年、中国資本が入ったハリウッド映画が増えたように思います。

ロケ地がひたすら美しい

この映画のロケ地は、ハワイ、オーストラリア、そしてベトナムのニンビンにある世界遺産での撮影でした。

特に、髑髏島の設定や、終盤のキングコングvs宿敵の闘うシーンでは、ベトナムのニンビンにある世界遺産での撮影だと思いますが、とにかく風景が美しい。

観光で行ってみたいと思いました。

エンドロールが終わってもまだ続きがある!

エンドロールが長くて、大勢のスタッフが関わってるなあ、と思っていたら、エンドロール終了後にもまだ続きがありました!

それは、2020年公開予定の「コングvsゴジラ」の伏線となるようなシーンでした。

東宝映画の「ゴジラ」「モスラ」「キングギドラ」を思わせる抽象画(東宝映画からのシーンでしょう)が出てきて、否が応でも期待が高まります。

MIYAVIも出てるよ

西洋人の俳優たちだけではなく、中国人やベトナム人の出演者も多いのですが、なんとギタリストのMIYAVIも出演してました。

冒頭のシーンでの日本人兵役ですね。エンドロールでわかってびっくりしました。彼は最近は俳優としての活動も増えてきているようです。イケメンですしね。

ストーリーもさることながら、こういう細かい部分も楽しめた映画でした。

いやー、チャンアンの世界遺産は行ってみたい。

スペイン人と有馬温泉へ。

f:id:iam__masa:20170829201348j:plain


8月のサマーバケーションを利用して、スペイン人の友人が関西にも遊びにきた。


なんでも、彼は、日本の温泉が好き、とのことで、「じゃあ、有馬温泉は行ったことある?」と聞くと、まだない、と言う。


じゃあ、行こうよ!ということで、ひょんなことから、スペイン人と有馬温泉に行ってきました。

続きを読む

心斎橋のタイ料理レストラン「はてな」

こんにちは〜、まさじいです。


f:id:iam__masa:20170810204133j:plain


大阪は心斎橋にあるタイ料理レストラン「はてな」。


f:id:iam__masa:20170810204211j:plain


www.tripadvisor.jp

続きを読む
Copyright © 2017 Go Globe! All rights reserved.